内科病棟の入院患者さんから浴びせられた暴言に呆然と悲しみに暮れた看護師

女性31歳
脳外科6年、内科5年

看護師になり11年になります。
急性期の総合病院に6年勤務し、その後結婚を機に退職しましたが、現在は慢性期の総合病院に勤務して5年になります。
出産をして育児休業を経てまた夜勤をこなしなつつ働き始め、旦那と子供の3人で暮らしです。

現在勤めている病院

現在の病院は400床弱のところで、救急病棟やICUは無く手術も多くないのでリハビリや内科治療が主です。
私は内科病棟に所属し、長期入院の方が多く手足が不自由だったり、認知症の患者さんが多いです。

患者さんからの暴言に呆然

50代の急性白血病の女性の方が、移植後に転院してこられた時のことです。
移植後は性格が変わってしまう方が多いと聞いていましたが、その方はヒステリックで、言う事が毎回違うのです。
その患者さんを受け持った時に、患者さんの言っている事が毎回違ったため、イライラしてしまい、ナースコールの対応が遅くなった事があったのですが、それに怒った患者さんは「もう、あんたなんか来なくていい!ゲスの極みだ!」などと、暴言を私に向けて吐いたのです。
これには怒りよりも悲しみが湧いていて、休憩室に帰り泣いてしまいました。

謝罪から笑顔に

その患者さんの顔も見たくないと思い、その日は受け持ちを他のスタッフに変わってもらいました。
スタッフも私を慰めてくれましたが、このまま関係が悪いままでは看護師としてプロ意識が低いと思ったので、後日謝りに行きました。
すると、その方は笑顔で許してくれました。

それでも働きやすい職場

今の病院は働きやすいし、自分のライフサイクルに合っていると思ったので、転職を考えた事はありません。

言葉遣いに気を付ける

忙しい時でもできる限りの事をやろうと思っています。
また、言葉遣いには気を付けるようにし、怒ったりせずにイライラした時は一旦深呼吸をして、気持ちを落ち着けるようにしています。

看護師のパワハラ

看護の職場でやっかいなこと

看護師間のトラブル

ナースのコミニュケーション

ページのトップへ戻る